■いらっしゃいませ

■プロフィール

鯨海酔狂(げいかいすいきょう)

Author:鯨海酔狂(げいかいすいきょう)
夜に美味しく呑むため、朝メシ前にトコトコ走ってます。

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■リンク
■出走予定

2011/06/04
 しまなみ海道ウルトラ遠足 100km

■月別アーカイブ
■ブログ内検索

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■RSSフィード
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
フルムーンデビュー 2/5
やっぱ、寝台車はよく眠れなかった。
寝不足の目で車窓を眺めながら北海道を感じる。
社台牧場(たぶん)

朝食は食堂車グランシャリオでと考えてたが、夜食の米沢の駅弁があるので、吉田さんちの社台牧場を横目にこちらを食べる。濃い味がモーニングビールとよく合う。

2/22(金)
寝台特急北斗星1号   福島2010-札幌0918
いしかりライナー     札幌0932-小樽1013
快速エアポート130    小樽1234-札幌1306
特急北斗14号      札幌1317-函館1647
寝台特急北斗星2号   函館2148-郡山0638

まずは小樽へ。
駅から運河までお散歩。アーケード内にも雪がいっぱい、さすが小樽。

雪の小樽を散歩して、市場の海鮮丼の前に小樽ビールだ。


旧日銀で、ハイテクな日本銀行券のお勉強をしたあと、運河へ。
あら、こんなところに小樽ビール。小樽倉庫NO.1に迷い無く入場。
まずはヴァイス、お次はドンケルを注文。ランチもついでに頼む。
ヴァイス、いいです。地ビールと云えば重いものが多いが、すっきりさっぱり華やかな感じ。
すっかり腰を据えてしまい市場の海鮮丼やお土産はカット。
エアポート号に飛び乗る。
小樽

その後、函館行き特急北斗14号に。
時刻的な問題もあるが、嫁さんが振り子電車酔うといけないので、あえてスーパー北斗でない方を選んでみた。というと聞こえがいいが、283系の豪華なグリーン車に後ろ髪ひかれつつ、183系気動車(今回キロ182-2552)の水平対向12気筒インタークーラーターボ660馬力のエンジン音とハイデッカー車両にも興味があった。
北近畿と同じく快適3列シートに、ツインクルレディのお姉さんが笑顔と飲み物をサービスしてくれて、長時間の移動も楽しい時間。長万部からは、かにめし&函館ワインを楽しみながら函館まで。
函館

函館に着いたらロープウエーで函館山、すごい人の山。初めて観光地に来た気分になる。しかもアジア系外国人が半分以上、日本じゃないみたい。
お次は倉庫街へ、近くの回転寿司で夕食。なかなか美味しくてビールも追加、気が付くと温泉に行く時間が・・・なくなっちゃった。
嫁さんご機嫌斜めか・・・・・。またやっちまいました。
とりあえず、駅前交番で銭湯を聞いてみるが近くには無いみたい。
北斗星乗車と同時にシャワー室の予約に走る。幸い空きもあり10時と10時半から予約完了。
10時から先に入って、風呂上りにひとりグランシャリオのパブタイムに。
うーん、うまいっ。
この行為が、嫁さんの顰蹙をかったのは云うまでも無い。
最初の予約では寝台車は4泊とも下段だったが、上段も体験したくなり今日だけ上段に変更。
雑音は少なくなるが、ゆれは少し大きい。上段と下段でどちらが良いかというと、結局どちらでもいい。
デュエット上段の夜は更けてゆく。
北斗星



フルムーン1,2 | 23:55:39 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。